2005年 12月 19日
回想記と告白
昨夜は、ロッテ選手対ヤクルト選手(+芸人さん)のキックベースを見ながらお好み焼きを胃袋破壊しそうなくらいたらふく食べて(変換してみたら「たらふく」って「鱈腹」って書くんですね~。そうかタラの腹のことか)、ロッテDVDを鑑賞しました。
YUKIと常々「刺激がない日々になったら、このシーンを見ようね」と言っていたプレーオフ2ndステージでの優勝シーンを観ているうちにまたほろほろと涙がこぼれてきました。
ビールのせいです。きっと。
2ヶ月くらい前のことなんだけど、ものっすごい懐かしい。毎日、緊張状態で食欲減退していたよな・・・眠りも浅かったし・・・・今となっては考えられないくらい。
今年は本当に激動だった。毎年言ってる気がするけど(ってそんな激しい人生かい!ワタシ)、自分的にはかなり変動の年でしたよ。
ロッテ生活だけで思い返してみても、4月の札幌ドームで(ハムという家族がありながらロッテにドキドキしてしまうという)危険な恋に走ってしまう自分を抑えることができずに悶々として、交流戦で会えない期間もテレビに齧り付き、阪神戦での薮田の三者三振の投球に涙し、もう、この想いを隠しておくことなんてできない!!と心の中で叫んでいたのです。
夢に出て来るのもロッテの選手・・・のちにダーリンと呼ばれるようになる世界の里崎捕手との出会いも夢が始まりでした。
そして運命の7月、私はライトスタンドデビューを果たしたのです。過去を清算し(?)、新たな生活を選んだチカコ・・・・。そこから観る景色は私に居るべき場所を示してくれたのです(たぶん大袈裟)。
家族たちに事情説明をし、キッパリと次に向かうワタクシ。
8月、こうなったらいてもたってもいられなくて、急遽千葉へ・・・・
初めてのマリンで、興奮と感激と熱さと暑さにやられっぱなし。この年(どの年?)になってここまでの気持ちになるなんて想像してませんでした。
9月、再度マリンへ。何かもう自分がよそ者ではない気がしてきました。(たぶん周りから見たら明らかによそ者)
その後、最終戦の札幌ドームで、北海道のマリーンズファンたちと出会い、プレーオフ観戦会で毎日毎日顔を合わせることに。感動と興奮の日々、泣いたり笑ったり飲んだりしているうちにしだいに家族のような一体感が湧き上がってきました。
姉歯のマンションだったら倒壊しそうなくらいの大騒ぎっぷりを日々繰り広げてきたわけです。
そんな中、チカコに興味を示す一般概念からかけ離れた男子が出現しました。



彼-コウヘイ-は、アホみたいに泣いたり叫んだり笑ったりしているチカコを勝手に「ヨメ」と呼び・・・毎日プロポウズをしてきました(ネタじゃないよ!実話です)。
私は、恋愛する気も誰かと付き合う気も全くなかったわけで・・・友達でいよーと努めていたのですが・・・
日本シリーズでロッテの優勝が決まって、

何かが弾け飛びました。

いや~優勝パワーってスゴイですね。
周りも幸せになる人続出で、ロッテ様様!!全国のロッテンカップルは自己申告するよーに!
[PR]

by chika_ko-26 | 2005-12-19 01:24 | ロッテ


<< うれしはずかし里帰り      日刊チカコ >>