2005年 09月 13日 ( 1 )

2005年 09月 13日
緑(の歯)が美しい神戸
長いし、精神的にもやられる試合でした。
先発ピッチャーは俊介-川越。
3回裏に村松のタイムリーで1点先制されたのですが、4回表の堀さんのソロですぐ追いつきました。すごいです!とにかくすごいんですよ。何がって、
もちろん、村松の逆立ちが・・・
だって、上半身がフェンスの向こう側いっちゃったんですよ思いっきり。それで一瞬逆立ちして戻ってきましたけど、あれ危ないですよ、本気で。そこ花火出るとこでしょ?しかも。アレ?違ったっけ?
同点に追いついたかと思いきや、その裏に阿部ちゃんのタイムリーでまたもやリードを許してしまいました。しかしまた7回にスンちゃんのソロで追いついて2対2のまま9回へ突入。
ホークスどうなったかな?と覗いてみると同じように2-2で9回ですよ。ん~負けられん。
9回裏ピッチャー藤田。早川の代打→ブランボーの当たりには一瞬、血の気が引きました。結局延長戦へ突入・・・。10回は互いに点が入らず11回へ。もう試合やってるところありません。ホークスはオカンの1発でサヨナラ勝ちですよ。ん~やっぱ負けられん!!
11回、とうとう来ましたよ。なんとサトのあわやホームランかという犠牲フライで代走で出た西岡が還り、ロッテ1点勝ち越しです。ああ、ヒーローだ。ヒーローだ。でもステージはない。私はそんなことばかり考えてました。
11回裏は当然マサが登場。これがまたヒヤヒヤさせるのですよ。
ほんっと刺激、求め過ぎだろ、と。
代打塩崎にセンター前ヒットを打たれノーアウト1塁。阿部ちゃんが送りバントをしっかり決めて1アウト2塁。代打下山にファーボール。1アウト1、2塁。代打牧田がセカンドゴロで2塁アウト。2アウト1、3塁。
ここで村松の大きな当たり!!
 
一瞬、マサが建山に見えました。

が、ファール。
最後は空振り三振でゲームセットです。3-2で勝利!
勝ったんだけど、ずっと追い詰められていた気がします。いや~しっかし仰木監督しつこいわ~。野球でもちょっとうんざりだけど、これ本当に追いかけられたらたまりませんね。
とか考えてる私がたまりませんね。
[PR]

by chika_ko-26 | 2005-09-13 23:33 | パ・リーグ