2005年 10月 27日 ( 1 )

2005年 10月 27日
ロッテになった日
e0030764_0533310.jpg
プレーオフに引き続き、珈琲舎オットーにて観戦会やってました。私は早めに到着してカウンターで生姜焼き定食を食べながらマスターと話していました。マスター、あれ以来、応援歌幻聴に悩まされているようです。お気の毒です。残念ながらマスターもすっかりロッテ病ですね。ジャンプしたくなるって言ってましたから・・・。
試合開始くらいから続々といつもの仲間たちが集まって来ました。パリーグ制覇のあの感動を共にしたことで何だか絆が深まった気がします。みんなの顔見ると勇気が出るんですよね。
私は不思議とプレーオフの時の恐さを感じませんでした。試合はもちろん何があるかわかりません。でも何だろう?今年はロッテの年だ!って感覚的に理解していた気がします。信じてました。とにかく。余裕とかそういうんではなく、ただ信じてました。
何だかね、ロッテが好きでたまらないんですよ。
そういう想いとかわーっと出て来て、わーっとなって、もうただただ愛しく見守ってるんですよ。
日本一の瞬間にみんなが飛び上がって!!カメラがバシャバシャバシャ!!ってなって、その数秒間がすべてなんです。
どうしたことか、もう、涙も出て来なくて、ホッとして、みんなの嬉々とする姿を見ていました。その後、ボビーのインタビューを聞いていたら、ロッテファンが最高だというようなことを言って、その一瞬でボロボロボロっと涙がこぼれました。だって、本当にみんな最高なんだから。
私も思っていたから。私も最高だから。あ、もうわけわかんね。
それから、恒例の胴上げやって(それがしっかり道内ニュースで流れてましたよ・・・)解散。その後、ロッテファンの店長がやっているAT THE HOPで祝勝会でした。みんなどうしようもないくらいのハイテンションで、いろんなコールをしていました。
私はいくら飲んでも酔いがまわってこなくて、いろんなことを考えていました。特にここに居る自分の不思議についてはいくら考えても結論は出ることなく、ただただ運命なのだな、とそれを受け止めました。だって、ロッテファンですよ。北海道で。どうしてロッテ?
このblogを立ち上げた時、どりふさん(ウチの読者であり大先輩ロッテファン)に「ファンがロッテを選ぶのではなく、ロッテがファンを選ぶのだそうです。」というコメントをいただき、たいそう感心したのを思い出し、それが何だか沁みてきました。
私は選ばれたのだな。そして私のエネルギーをロッテに預けたんだな。それが日本一への道へ何か役に立ったなら嬉しいな、とか。
もうアホです。酔いまわってないって言ったけど、しらふで考えてたら本当ビョーキです。あ、ビョーキでしたね、私は・・・。
今日になって、ウチの母から電話をもらいました。
母:「ロッテ、優勝おめでとう!」
私:「ありがとう!」・・・やっと認めてくれたのね・・・(母はハムファン)
母:「野球、全部終わって、いったいこれからどうやって生きていけばいいんだ・・・・」 
って、私のセリフを取るなよ・・・。
ほんっと終わりなんですね。精神的にも肉体的にも経済的にも結構キツかったけど、本当に頑張ってきて良かった。幸せです。世の中すべてに感謝!!
アジアカップも楽しみです。
[PR]

by chika_ko-26 | 2005-10-27 23:59 | ロッテ